« 【書評】日本語が亡びるとき 水村美苗 | メイン | 勘定科目占い »

2009/02/07

コメント

la dolce vita

>ネイティブ相手に100%のコミュニケーションができないと悩むより、誰にでも、どこにでも通じるきちんとした英語をはなす、ということが大事、という考え方もあります。

私はこの意見(↑)派であり、それらしいこともブログに書きました。
http://www.ladolcevita.jp/blog/global/2008/10/post-73.php

こちらではEnglish nativeは自分のクセのある英語をわかる英語にしようと、それぞれ工夫しています(ついこの前も「だいぶオーストラリアアクセントを直したんだよねー」というオージーに遭遇。 シンガポールに着いた5年前は全く理解してもらえなかったそう)。

私もパーティーやネットワーキングイベントは辛いです。 特に立食の場合、背が低いので、背が高い白人男性(女性でもそうだが)とグループで話すと自分の頭のはるか上空で何やら会話が行われる、という状況になり、物理的に聞こえなかったりする(笑)。

こういう時使う小ネタを常日頃からストックしておく努力が必要で、意外とEnglish nativeでもこういった努力はやってると思いますよ。 天然で話し上手な人は少なく、小さい頃からの経験による場慣れ&努力だと思います。

>わたしもこうして日本語でブログを書いている時点で本当はだめなんだろうなあ。

私も同じこと思いますが、英語ブログで出せるバリューがないですよねー?
英語ブログですごく読まれている日本人のブログがあれば読んでみたい!

lat37n

>こういう時使う小ネタを常日頃からストックしておく努力が必要で、意外とEnglish nativeでもこういった努力はやってると思いますよ

そうそう!それは本当にそうですよね。なので、そういうまめな努力は、面倒くさいとか本質的ではないとか言わずにきちんとやるべし、と思ってますです。

>英語ブログですごく読まれている日本人のブログ
ううん、Joi Itoさんとかかしら?
http://joi.ito.com/
「国際人」である彼を「日本人」と言うべかはなやましいですけどね。。[英語ネイティブで日本語は中級レベルとある]と本人はおっしゃっているらしいですし。

サムエル

とっても久しぶりにコメントします。
前回にコメントしたときの名前は忘れてしまいました。
監査法人を辞めて法科大学院に通っている者です。

ところで、英語。
僕の経験だけれども、英語聖書に親しんでおくといろいろと良いみたいです。

アメリカ体験記、いつもすっごく楽しみにしてます。

cpainvestor

Lat37N様

 「ものすごく、レベルの高い悩み」に感心して読ませて頂きました。「英語がわかる日本人会計士」として食べていくには、LAT37Nさんは十分に競争優位を築いているわけですが、その先を目指している目線が高すぎて私はついていけません(笑)。

 「考える技術、書く技術」に関する印象は、初めて読んだ時、私もまったく同じ印象をうけました。(これ、当時職場で渡されていた英文インストラクションと同じだ!と思ったものです。)私はこの「英語思考」を参考に、ドメスティックな顧客向けのレポートを同じ雰囲気にすることだけで、一時期、相当な差別化となりました。最近は、この裁定取引はさすがにきかなくなってきましたが・・・。

 上は考え出すとキリがありませんね。目線は高く持ちつつも、私の場合、最近は、「個人最適化」より、「組織・チームの最適化」の方により興味を持つようになりました。(この分野も意外に職人会計士は弱い気がするんですよ。)単に個人能力面での限界を認識しただけかもしれませんが・・・。

 お忙しいとは思いますが、Lat37Nさんの日本語ブログ、これで日本人には十分楽しいですから、続けてください。


lat37n

>サムエル さん
聖書ですか。。。「読んでおくといい」という理由で読むものではないような気がしますが(苦笑

>cpainvestorさん
いやー、どうなんでしょう?今度の職場で「なんだ、意外とみんな普通に英語しゃべるのね!」と、「事務所に英語でかかってきた電話に答えられず切ってしまう人」がいた職場に過去在籍していた私、ちょっとびっくりしてるんですが。私程度の英語じゃあんまり、差別化にならないです。。。
チームの最適化、という視点で、「英語社会に適応」できるようになるのは実は結構難しいですね。書評をかいた「日本語が亡びるとき」では、結局、エリート教育をして一部すばらしくできる人を作るしかない、という結論に至ってます。その人をどう組織に「囲い込んでおく」かは、非常に難しい問題ですが。

ももんが

遅ればせながら、お帰りなさい!ようやくキャッチアップしました!今後ともどうぞよろしくお願いします!

lat37n

>ももんがさん
先日はどうも!ようやくお目通りかないましたね。またご一緒んできるのを楽しみにしています。

この記事へのコメントは終了しました。