« Assertiveに怒られよう | メイン | 周回おくれの感想「ドラマ 監査法人」 »

2008/06/27

コメント

tsuyoshi

コストを考慮すると「やりすぎる」ことは害となり、

「やりすぎる」ことなく問題を見逃すと、社会的に糾弾され、

かと言って、必要な手続とそうでないものの区切りについて、社会的にコンセンサスは無く、

業者としての立場と、自らのプロ意識との間で揺れ動く。

いやはや監査ってほんとに難しいです。自分の中でも結局消化しきれなかったですねぇ。


ドラマ「監査法人」については、ほんとにあちこちで話題ですね。僕も楽しく見てます(てか今から3回目見ます)。皆さんいろいろと指摘されてるので、僕からはひとつだけ、

君たち、もう少し楽しそうに仕事しようよ。。。

lat37n

>tsuyoshi-san

あ、うまくまとめてくれた。まさにそういうことね。
結局、「市場の要請」で、厳しい方向に触れたり、効率性を重視したり、収束点を探し続ける仕事なんでしょうね、これは。。。

この記事へのコメントは終了しました。