« 残念な話『上場、もはや「目標にあらず」』 | メイン | Distressed Travellers »

2008/04/28

コメント

tsuyoshi

確かに。会計基準なんてそもそも全部理論的にそれなりに正しくて、「うちの基準は正しい!」っていうのは論点にはならないんですよね。

主張する側にもそれなりの「立場」があるんでしょうが、だいじなのは「合理性」や「実用性」。立場なんてどうでもいいんですよね。役に立たなければ(比較できなければ)意味無いですもんね。だってみんなが使うルールなんだから。

でも自分がこういう意見に行き着くのは、やはりアメリカの空気を吸っているからなのかなあ、という気も一方でするんですよね。日本にいたらたぶんコンバージェンスの段階で思考停止してそうです。

lat37n

>tsuyoshi-san
ところで、この記事読んでみて。中地元公認会計士協会会長の講演で、2006年のものなので「今は昔」感があるとこともありますし(もう、ハーモナイゼーション路線は消えてますから)言い訳っぽいところもあるんですが、日本の国際会計基準の設定の中での存在感の小ささとか痛いほど感じます。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/67/
最後におっしゃっている「まずは日本経済が強くなければならない」って言うのはほんとそうだったんですけれどね。

確かに、外に出ないと見えないものがいーっぱいありますよね。その辺の感慨に関しては、次回のSF訪問時に語り合いましょ、笑。

げんぞー

写真を貼ると印象が変わるのは賛成ですが使いまわしの写真じゃなくて新しく撮った写真のほうがいいですよ。

lat37n

>げんぞー san

えーっ、この写真前使ったっけ?と思ったら、ホントに使ってました。。。旧ブログ・2006年7月!
貼った写真(しかも、ほぼ2年前)まで、筆者以上に覚えていらっしゃるハードコアな読者様がいることに、恐縮いたしました。苦

この記事へのコメントは終了しました。