« その後のドーナツ屋さん | メイン | サイズは半分、家賃は2倍 »

2008/01/12

コメント

iloveapple

あ〜わかります。

私がもっと腹立つのは、日本のイタリアン(あるいはフレンチ)しか知らなくて、アメリカやヨーロッパに行って「繊細な味じゃないからイタリアン(フレンチ)じゃない」と言い張る日本人です。

本当のイタリアンってお皿にちょこんと載っているパスタ、とかではなくおおざっぱに作って素材の味を生かしてどかんと出すものなのに。トマトも本来は甘いトマトじゃなくてもっと味わい深いものなのに。

日本人は世界でも有数のグルメだし、舌も肥えていると思うけどどこに行っても「日本式が一番」と暗に示す態度を取る人はちょっと許容範囲が狭いのでは?と思ってしまいますね。

lat37n

>iloveapple-san
まさに私が感じたのがその、許容範囲が狭いってこと。日本食の中には繊細であるからこそおいしいという領域のものが結構あるし、その繊細さゆえに日本文化は際立っているのだと思うけど、外来のものから何から何まで「これが日本での基準」「それ以外は認めない」っていうのは、繊細なのではなく了見が狭いんだとおもいます。
・・といいつつ、私もオーセンティック日本食を食べる機会を虎視眈々と狙うわけですが。iloveapple-san
日記見て以降、Jin Shoに行きたくて仕方ありません。笑

jk0307

I agree with you. Japanese Gov. gives no room for fusion Japanese foods. They make me so disappointed. Anyways, Happy New Year and take care of yourself.

nerd

個人的にはけっこう楽しんでいるんですけどね>なんちゃってJapanese。

日本食に限らず、本国を出た料理はやはり微妙に「本場」と違うものに出来上がっちゃってますよね。でもその解釈の違いが文化若しくは価値観の差を反映していてなるほど面白い、と思います。

例えば、ランチでよく行く会社の傍の日本食レストラン(Korean American経営)では、鍋焼きうどんにオレンジ色のサツマイモがのってきます→にんじんの代用として。「見た目が同じならOK」「表層・表面重視」といった風潮を端的に現している一例だと感じました。
余談ですが、その店の向かいにある韓国人経営のフードスタンドでは韓国人同僚曰く家庭的なkimba(巻き寿司)を食することができます、すごく美味しい。

SFで食べるカレーとデリーで現地の人に連れてってもらったレストラン、日本の中華料理屋と香港の屋台・・・こういう比較をするチャンスをみすみす逃がしてしまう(しまおうとする)とはなんとももったいない。

lat37n

>jk0307
Happy new year to you, too!
I wish they could find better way to contribute to the "globalization" of Japanese food culture...

lat37n

>nerd-san
あ、それいってみたーい。>家庭的なkimba。 でも次のランチは飲茶と心にきめたので、その次ね。笑

某O社(CEOが特注日本家屋に住んでいた事で有名なデータベース企業)の日本食食堂では、親子丼には三つ葉の代わりにほうれん草が入るらしい。そして、Ramen (stir fry)というなぞのメニューがあるらしい。Ramen でstir fryって何事だ??ま、そのくらいの違いを面白がれるくらいのほうが、人生得してると私は信じてますよ。

nerd

>Ramen でstir fryって何事だ??

・・・昔、そういえば郷里に「フランス風ダッチコーヒー」という看板がありました。通勤電車の窓から毎日眺めては卒倒しかけたものです。

Yana

ミルピタスのGreat Mallの映画館横にある日本食レストラン(レストラン名からだけでなく,こういうモールに出店してる店もハズレ率高し)の”KATSUUDON”というメニューに手を出してはいけません.「カツ丼」のTypoかと思ったら,ホントにうどんにトンカツがのっかって出てきた.べしゃべしゃで食えたモンじゃない以前に,ゲロまず~.:)

lat37n

>nerd-san
きゃはは、どっちかにしろって感じ。日本の喫茶店のスパゲッティ・ミラネーゼとか(本当のミラノの名産はリゾットであってスパゲティではない)とか、矛盾を内包する食品はあちこちに見られますな。。。

lat37n

>yana
うちの会社の一階のフードコートに入っている日本食店では、照り焼きチキン、照り焼きビーフ、照り焼きサーモンのすべてが丼かうどんで選べます。照り焼きビーフうどんって何事、とショックを受けるほど純粋だったのは数年前のこと。カツラーメンがあるのはどこの日本食やだったかなー。

Beer Belly

確かに怪しい日本食もたくさんありますが、それはそれで別の料理だと思って食べれば結構いけるものですよね。こちらで有名なWAGAMAMAも、いわゆる日本食とはちょっと違いますが、現地の人には人気があります。私はお昼にJapanese Canteenという丼もののチェーン店に良く行きますが、これは結構いけます。カツカレーやチキンテリヤキなど、メニューは結構普通です。1つ5ポンド(千円強?)近くするので、あまり滅多に食べられませんが。

lat37n

>Beer belly-san
Sushiと寿司は別物と思えばいいってかんじですかね。そう思えばカリフォルニアロールなんておいしいわけですし。しかし、ロンドンの日本食高いんですね。ロンドンの物価高もあるんでしょうが、前に友人が、大根なんて高くって、風呂吹き大根なんて贅沢メニューよ、とこぼしてたのを思い出します。

この記事へのコメントは終了しました。