« ありんこ VS lat37n | メイン | a happy new year »

2007/12/15

コメント

cpainvestor

LAT37Nさま

今日のOpinion、激しく同意です。日本のベンチャーには全く逆風で、つきあっているお客さんが可愛そうな気がしてなりません。

tmyeah74

はじめまして。
個人的には、SOXはガバナンスの問題であって、個々のプロセスをギリギリとやることが本質ではないと思ってます。また、整備コスト等の負荷もさることながら、監査証明が必要、となることで、結果として経営の自由度を阻害することに繋がるのはどうかと感じるところです。

今日、たまたまVCで働いていたという人と話す機会がああったのですが、上場コストの問題や経営の自由度の面からIPOを見直す動きもあったりするようです。

ごくごく限られたところの状況しか把握してませんが、あと3ヶ月でホントにできるんかいな?という感じです。。。金融庁、きっと延期する、なんて言いださないでしょうから。

lat37n

>cpainvestorさま
そうですね。あれだけ新興市場の信頼性が揺らいだ去年今年なので、何にもなし、ってわけには行かないって言うのもわかるんですが、ともかく、SOXをがちがちにやるとお金がかかりすぎて、中小規模の企業にとっては費用対効果のバランスが取れなくなります。すくなくとも、中小企業には実務が習熟してくるまで少し時間をあげてもいいと思うんです。米国も適用初年度と今年とでは同じことやるのでも実務の習熟度が違う(実務に精通した人材が今は市場にあふれてる)ので、かかるコストもぜんぜん違うはずで、そういう意味で彼らにgrace periodをあげたのはいいとことだと思っています。

lat37n

>tmyeah74 さま
はじめまして。
監査証明に関しては、それがないとやっても信頼性がないって事でセットでついてくるんで仕方ないんでないでしょうか。ちなみに、米国でもVCからのSOX批判は当初からものすごかったですよ。ただ、レギュレーションに乗るとベネフィットしなくなる、という程度なら上場しないほうがいいんじゃないの、と私は思っておりますので、新規公開の勢いをそぐ、とか言う理由でSOXに反対するのはナンセンスだと思ってます。それより、既に上場している会社で合理的じゃないほどのお金がかかることが問題ですね。
米国の制度設計は極端にいくと逆方向から圧力がかかって、割とすぐ改革が進みます。ということで、SOX関連法規も今年に入ってどんどん見直しが進んでいます。日本の制度設計は一回決めてしまうと緩和には時間が凄くかかりそうなので、そういう意味でも硬直的になり過ぎないか心配ですね。

この記事へのコメントは終了しました。