« Driving in the middle of nowhere - Day 4 | メイン | 会計士のかかわる不正 »

2007/11/30

コメント

tsuyoshi

自分が読んだときは「守秘義務だいじょうぶ?」って思いました。
「信用失墜」で戒告なら、他にも失墜させてそうな方がたくさんいそうなものですが。。。

lat37n

>tsuyoshi-san
プレスリリースによると、『本書の出版に関する消極的な「了解」があったものと認められるので、守秘義務解除の「正当な理由」がないとはいえないと判断した。』・・・ってわかりにくい日本語だけど、守秘義務の問題でってわけではないようですね。
『本書の出版が情報漏洩の不安や監査人への不信感の発生』をあおったのか、については一般の方が読んでどういった感想をもたれたのか聞かないとわからないなあ。

itsanyclife

うーん。だいぶタイミングが遅くなりましたがコメントさせてください。

>一般の方が読んでどういった感想をもたれたのか聞かないとわからないなあ

というところですが。。。。

Hmm.
I actually read this book after you wrote about it. Of course I am no auditor so I have no idea how abnormal his actions really were. That said, is being abnormal as an auditor really a problem? I mean, suppose you were a policewoman. Suppose you found evidence by doing something out of the ordinary. Does that make you anything less of a good policewoman? Should it? What should a good policewoman do?

業界にいないだけに頓珍漢なことを言うのかもしれませんが、監査人が経済界において果たすべき役割は決して小さくない、とequity investorの立場からちょっと思ったのでコメントしてみました。。。。

lat37n

>itsanyclifeさん
おおお、「一般の方」からこのエントリーにコメントつくとは!ありがとうございます。って、equity investorはむしろ「一般の方」ではないけど。笑

ぜんぜん頓珍漢ではないです。むしろ、ちょっと考えてしまいました。確かに、決められたことだけやる「手続書どおり」では発見できないこともありますね。でも、私は監査はマルサとかではないので、当たり前の信頼関係に基づいてできない仕事はやってはいけない、と思っているんですよ。それが、監査の大前提だから。もちろん、あれ?と思ったことやリスクが高い、と思ったことは普通から外れて多くの手続きをしますが、家捜ししないと十分な監査手続ができないような仕事に対してそもそも、意見を出すことがおかしい。たまたま自分が見つけたエリア以外にももっともっと、おかしなことがあるかもしれない。という意味で、abnormal に走る前にするべきこともあったのではないか、と思ってしまうわけです。

What should a good auditor do?
良い監査人とは投資家と市場の安定のために尽くす存在です。教科書どおりに答えれば、監査意見を差し控えて一刻も早くその会社を市場から退場させる、ってことになるでしょう。そしたら、凄腕のequity investorが会社ごと買い上げて大鉈ふるって数年後に再上場させて大もうけしたりして、市場の活性化に寄与したりするかもしれないですしね(嫌味ではないですよ!)

この記事へのコメントは終了しました。