« Communication Coach | メイン | Testarossa(の思い出) »

2007/11/10

コメント

kei

はじめまして。欠損のたんまりある技術系ベンチャーで働いている者です。

うちの会社も(一瞬)NEOを検討したのですが、弊社の会計に無頓着な経営者ですらこの市場に将来はないんじゃないかと結論付けました。。
(あえて企業の立場から考えると)こんな市場に経済合理的な投資家が集まるわけがなく、利ざや狙いの短期トレードが横行し
安定株主を期待することも無理。また証券会社もうまみが少ないし(大規模資金調達ができるわけない)、びみょーな創業者利益の実現があるだけな気がします。

最近の中国のベンチャーのように米国で(ADRとして)上場を目指す気概と、エンジェル・VCレイヤーの増加がないと本質的な環境改善にはならない気がします。

最後にですが、運営会社は東証ではなくてJASDAQだと思います。今後もエントリー楽しみにしてます。

lat37n

kei-san
コメントありがとうございます。そうか、JASDAQでしたね、失礼しました。。。おっしゃるとおり、市場の成り立ちから、大規模資金調達が難しいだろうというのもネックでしょうし、市場が混乱することも大いに予想されますね。一号案件が年内に出るようだと書かれていたので、その成り行きを見守ってみたいとおもいますが。
ちなみに、今アメリカで、米国上場を目指されている中国系企業とお付き合いありますが、彼らを見ていると日系企業ももっと積極的にNASDAQ上場を目指されてもいいんじゃない?と思っております。

この記事へのコメントは終了しました。