« nail salons | メイン | 日本のナツの思い出編 »

2007/09/06

コメント

tsuyoshi

日本ではずいぶんお忙しそうでしたが、お元気そうで何よりです。そうかlat37nさんはオタクだったんですね(笑)またセントチャールズですか?

以前お話しましたが、退職する以前の某社での自分の担当作業は、チームのハンドリングと審査関係以外のかなりの割合が、分析的手続でした。市況の推移、事業所の移動、投融資の状況、商流の変化などを睨みながら、ああでもないこうでもない。で、その結果を上司に持ってって、またああでもないこうでもない。。。

楽しかったし、勉強になりましたね。データ間の不整合から大きなミスを発見したこともあったし、大局的な視点が得られたという自信にもなりました。

ただあれをシステマティックにやれる体制を法人レベルで作るには、いささか要員不足の感は否めないですね。ご存知の通り、自分のところは充実した編成のチームだったので。

マニアックな調書を作りこんで、後輩から「趣味に走ってますね」と言われたのも、今やいい思い出です。

lat37n

>Tsuyoshi-san
チェックリストつぶしはつまらないですが、ルールの設定の裏側にある原則みたいなのを感じるとぞくぞくします(変態っぽい?笑)

分析的手続って監査手続のうち一番深いものだと思うんですが、それを優秀な人材にたっぷり時間を使わせてあげられた某チーム、最高に贅沢でしたねー。お互い、いい思いでになってしまいましたが。。。

この記事へのコメントは終了しました。